こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

アーロンチェア

最近、頭痛や腰・肩・腕などあちこちが痛むようになり、近所の整骨院に行って診療してもらったりもしたが、一向に改善する兆しがない。
そんな時、ドクターから
「イスが合わないんじゃないか?」
と言われ、確かにイスは最も多く共にしているので、原因はここにあるのかもしれないと感じ早速調査。
オカムラやイトーキなどの国産メーカーのサイトを見たり、楽天やアマゾンのレビューを見たりしていたが、やはり実際に座ってみないとなんとも言えない。
ある日、お得意様先で仕事をしてた時、ふと社長のチェアを見てみると、ちょっとごっついけど良い感じのイスを使われていた。
お願いしてちょっと座らせてもらった。
ちょっとした衝撃があった。
包み込まれるようで決して柔らかくない。
座面のメッシュ生地の張りが適度で、おしりが痛くならない感じ。
そのメッシュ生地自体がクッションになり、座り心地が極めて良い。
そのイスの背面には「HermanMiller」と刻印されていた。
早速その足で近所の大型家具店へ。

ありました。
「HermanMiller」
アーロンチェアというものらしい。

アーロンチェア

1994年に登場したモデルで、発売当初からデザインは変わっていない定評あるイスらしい。
知らなかった…。

その店にはアーロンチェア以外にオカムラのコンテッサ、バロンなど国産で評判の良いイスがたくさんあった。
そのすべてを座り比べてみた。
どれもそれなりの値段なので座り心地は全て快適だ。
しかし、どのモデルにも一長一短があった。
その中でアーロンチェアに決定した理由は、前傾姿勢が取れること、リクライニングの硬さ調整が無段階であること、12年保証が付いていること、と言ったところ。

そんな訳で、ついに待望のアーロンチェアが我が家の一員になった。
12年間の長いお付き合い、よろしくおねがいします。
しかし12年となると、私は還暦だ…(・_・;)

スポンサードリンク