こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

地場の工務店は難しいか

つまり、大手住宅メーカーで家を建てたほうがいいか、それとも地場の工務店か?という話。

実は、当家の隣で新築工事を行っている地場工務店がある。

問題点

1.近隣に対する配慮が全くない。

住宅街といえば道路も広くなく、クレーン車やミキサー車が入って来れば通行止めになることも多々。
そういう工程は当然元請け工務店が組んでいるわけなので、近隣に対して通行止めになるかもしれない旨の連絡があって然り。
大手住宅メーカーの大半は、近隣に対してん配慮が行き届いているところが多い(全てではないが)。
ところが、地場工務店の現場監督は教育を受けることなく現場に出されていることが多いのか、そういった配慮が全くない。
しかも、苦情を言っても改善されない。
仕方なく役所の建築課に苦情を言うと、「改善するよう指導しました」なる旨の、在り来たりの返事しか来ない。

そればかりか、日曜日の早朝から夜にかけての騒音工事。
これに関しては、騒音を出している下請業者に直接苦情を言うと、
「俺らは元請けに今日中に仕上げろと言われているから工事を止めるわけにはいかない」
と、信じられない逆切れ回答をよこす。

しかも、工事車両の迷惑駐車。
全く関係の無い家の玄関前に堂々と駐車し、これに苦情を言うと、
「じゃあどこに駐めればいいんだ?」
と、狂った発言。

職人も柄が悪いのが多く、道路に材料を広げて通行の妨げにしたり、灰皿のないところでタバコを吸い、近隣の家の前に吸殻を平気で捨てる始末。
さらに、大声で携帯電話で話をし、しかもウロウロウロウロ歩く始末。
話している内容までも聞き取れてしまう。
その内容たるや、とても仕事に関係ない友だちと話をしているような内容と言葉遣い。

2.工事クオリティの悪さ

まず、工期が短いという大前提を、地場工務店はいつも抱えている。
建築は大きな費用を先行して必要とするので、当然体力のない工務店では早期回収をモットーとするわけだ。
その結果の突貫工事。
当該隣の新築住宅は8月23日に基礎の鉄筋を組み始め、建物が完成したのは、10月末。
恐るべき超突貫工事と言える。
この工事の最中、二度やり直し工事を行なっている。
ひとつは、基礎の立ち上がりを間違えて打設し、削って壊し、改めて鉄筋を組んで打ちなおしている。
さらに玄関土間のタイルを間違えて張ったのか、一度張ったタイルを全て削って貼り直している。
この期間が入って、上記の工期で完成している。

とにかく質の悪い工事をしている。
手抜き工事とかそんな生易しいものではない。
初めっから質の低い工事をさせているとしか思えず、その結果短い工期で仕上げることが出来ている。

さすが地場工務店と言える。

3.後始末の悪さ

そんな工期で仕上げた建物だが、今日12月9日現在、外構に手間取っているのかいまだにミキサー車が来て工事中。
入居者がいるのかいないのか、未だ未完成。
メタメタな管理と、ずさんな工事。

こんな工務店ばかりではないと思うが、地場工務店ではよくある事例と言える。

予算がなくて、安く家を建てたいと思っている方も少なくないと思いますが、だからといって安いを謳い文句にしている地場工務店で建てるのは本当に注意が必要です。

家だけでなく、近隣も不愉快に思っていますからね。
『暮らす』というのは建物の中だけでなく、ご近所付き合いも必ず付いてきます。
新築工事中にこれだけ迷惑をかけられると、建築を注文された方に対しても良い目で見ることはできません。

なんでこんな工務店に頼んだんだろう?
ホント迷惑だ…。

こんなふうに思われることは間違いないでしょうね。

建売住宅ならいざしらず、直接建築会社に注文されるなら、そういう事があることを常に頭に入れて工務店選びをしないといけません。

わたしの知っている地場工務店は、実に素晴らしい会社ばかりなのだが、こんなひどい工務店も地場ではけっこうあるのだということを実感した。

スポンサードリンク