こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

魔女の一撃

欧米ではぎっくり腰のことを「魔女の一撃」と呼んでいるそうな。その強烈な一撃を今朝くらってしまった。

陽あたりの良い南側の窓に、いつも寝そべっている我が愛猫を撫でるのはいつものこと。
その瞬間、腰にかすかな痛みを感じた。
いや、厳密に言えばその時は何も感じなかったのだろう。
しかし、その次の瞬間には確実に痛みを感じていた。

重いものなど何も持っていない。
無理な姿勢など一切していない。
一体何がこの一撃をもたらしたのか?

おかげで今日は何をするのも一苦労。
趣味の布団干し(おかしな趣味だ…)も、今日はいつもの倍の時間がかかった。
しかし、どんなに腰が痛くても、天気の良い日は布団を干さないといられない性分。
厄介なことだ。

椅子に座っている時は痛みは感じない。
そのかわり、椅子から立ち上がるときの辛さときたらありゃしない。

日々の暮らしの中で、起こってほしくないことはたくさんある。
天災、災害、事故、病気などなど。
いつ襲ってくるか分からないことが多い中、常に危機感を持っていないといけない。
しかし、ちょっとした気の緩みから、起こってほしくないことは起こるものだ。

痛い思いをしたことこれ幸いに、改めて危機感を持って日々暮らしていこう。
ありがとう「魔女の一撃」

しかし、痛い…。

スポンサードリンク