こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

アンケートを小脇に抱えた案内員

パートや派遣の案内員などは、単に日給や時間給だけでなく、成功報酬というのを支給している住宅メーカーがあります。
しかし案内をするだけでは成功報酬は支給されません。

ではどうなったら成功なのか?

その基準を『アンケートの獲得』というものさしではかっているところがあります。

案内係
『いらっしゃいませ。アンケートにご記入いただけますか?』

お客さん
『ちょっとのぞいただけなんで…。アンケートはちょっと…。』

案内係
『わかりました。それではご案内いたしますので、どうぞこちらへ…』

お客さん
『ああ、すいません』

案内係
『今のお住まいは一戸建てですか?それとも集合住宅ですか?』

お客さん
『今はアパートなんだけどね…』

案内係
『そうですか。土地はすでにお持ちなんですか?』

お客さん
『実家の土地がね。でも古いのでそこに二世帯住宅を建ててもいいかな~と思ったことはあるかな』

案内係
『そうでしたか。それはすばらしいですね。当社は二世帯住宅の注文がとても多いです。ご実家はどちらですか?』

お客さん
『○○町』

案内係
『それなら当社の施工エリア内です。いつ頃建築される予定です?』

お客さん
『いやいや、ちょっと見に来ただけだから、建築予定なんて特にないよ』

こんな感じに、挨拶程度の質問をしていきます。
しかしこの質問、受付の際にアンケートを書いてもらえなかったお客様に、案内しながらアンケートに記載された質問内容をしきりにお客様に尋ねているのです。
そして、自ら聞き出してアンケートに記入をし、最後に住所氏名電話番号だけをお客様に書いていただく、と言った感じで進めていくわけです。

とにかく案内をすると言うより、お客様の事情を聞き出すことが最優先なのです。
案内員にとっては、これでようやく成功報酬の対象になると言うことです。

そんなことだから案内など当然いい加減で、その住宅メーカーの良いところや独特のものなどは全然分かりません。
家を見に行ったのに、個人情報聞き出されて終わりです。

せっかく足を運んでまで家を見に行ったのに、自己の成功報酬が最優先で、何の参考にもならないような住宅メーカーはパスした方が良いですね。

アンケートを抱えて後ろから追いかけてくる案内係を見て、まるで自分が芸能レポーターに追いかけられている有名人みたいに感じたことがありました。

スポンサードリンク