こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

資料請求フォームにあれこれ入力させる

ウェブページの資料請求フォームに個人の情報をあれやこれやと入力するのって、結構労力がかかりますよね。
全部入力したつもりでも、住所欄の数字は全角で入れてください、とか、電話番号はハイフン(-)を入れないでください、とか、あれこれと住宅メーカーの都合でいろいろこちらに指示をしてきます。

また、

  • 『建築計画はいつ頃?』
  • 『家族構成は?』
  • 『土地の有無』
  • 『希望の建築工法は?』
  • 『予算は?』

などなど、余計なことをあれやこれや入力させるアンケートを用意してあるページもよく見かけます。
でも、これって本当に資料請求に必要な情報なのでしょうか?
資料の送付先が分かればいいのではないでしょうか?

もちろん住宅メーカーから見れば、こういったアンケートの内容によって、短期客か中長期客かを判断する材料にしているわけで、手っ取り早く話をまとめるためにも必要な情報だとは思います。
要はどうすれば一秒でも早く契約が取れるか、が営業の仕事ですから。
でもそれって自分たちの都合だけで、資料を請求している人への配慮は一切無いですよね。

住所や氏名は正確に入力しないと資料が送られてこないわけですが、余計なアンケートは適当な情報を入力したって、何らとがめられることもなく、その回答内容によって資料の内容が変わるというわけでもなく、本当のことを入力する必要はないわけです。
本当のことを入力されていない可能性があるのに、なぜこのような無意味な項目を入力させるのでしょうか?
そんなに資料請求者に面倒な思いをさせて楽しいのでしょうか?
それとも、無料でカタログなどの資料をあげるのだから、そのくらいの情報はしっかり提供すべきだ。
カタログ作るのにも莫大な金がかかっているのだ、とでも思っているのでしょうか?

とは言っても、その莫大なカタログ製作費用は契約した方々に重くのし掛かっているんですから、アンケートを回収したからと言っても、すでにモトは取れているんです。

住宅メーカーによっては、
『よろしければアンケートご協力ください』
と言ったコメントを入れて、入力を強制していないところもありますが、アンケートも含め、すべての情報を入力しないと送信出来ないようなページを遠慮無く公開している住宅メーカーは、これから家を建てたいと言う人の気持ちを全く考えていないと思えます。

これから夢いっぱいの気持ちになって家づくりを楽しもうと、資料を請求しているのに、こんなはじめの段階から人の気持ちになって物事を考えられないような住宅メーカーは、この先人の気持ちになって家を建ててくれるとは思えません。
施主の気持ちになって家を建ててくれない住宅メーカーとお付き合いする必要は全くありません。

ちなみにわたしが勤務していた住宅メーカーのホームページは、アンケートを入力しなければ送信できませんでした(2016年8月現在)。
そしてお客さんの気持ちになって家を建ててあげられない会社でした。ハイ。

このように、人の気持ちをまったく考えない住宅メーカーは必ずパスしてください。

家電量販店で家電製品のカタログをもらうのに、いちいちアンケート書かせてるところってあるのでしょうか?
わたしは見たことないし、聞いたこともないです。
何で住宅メーカーはそんなことをさせるのでしょうか?

スポンサードリンク