こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

いつまでも住宅金額が決まらない曖昧なメーカー

そろそろ家を建てる住宅メーカーが一つか二つに絞れてきた頃になると、だいたいの建築予算も把握できてきて、あとは自分たちのライフプランと住宅メーカーが提案してくるプランとの照合だけで、普通なら最終的な住宅メーカーを決定している頃。

で、結局いくらなの?

外観や間取りのプランだけにとらわれすぎてしまい、本当にかかる費用についてのプラン立ては?
そしてその資金計画作りはメーカーからは提示されている?

お金を払うのはあなた。
いざ契約となったときに、本当にそれで大丈夫?

不思議と建築費用に関しては住宅メーカーもお客さんも深~く話をしようとしない傾向がある。
たぶん、金額のことに固執して話をしてばっかりいると、貧乏人とかケチだとか思われてしまうかも知れないので、なるべく避けて通ろうとするのかもしれない。
でも、住宅メーカー選びをする基準に『金額の安さ』なんてこともあがっているくらいなので、その矛盾が全く理解できない。
必ずついて回るのは金銭なわけで、こればっかりは避けて通れない。
と言うか、メーカーも施主側も最終費用を決めないで不安じゃ無いのだろうか?

きちんとしましょうよ、お互い

そういうわけで、この資金計画をどこまできちんと提案してくれるか、と言うことが住宅メーカーを選択する上で重要ではないだろうか?

建物の価格は、プランなどがある程度定まっていれば枠取りができているので、ぴったりとまでは行かなくともほぼ数字は出ているはず。
ただ、標準工事以外にかかる費用、たとえば『建築確認設計費』『地盤補強費』『屋外給排水工事費』『屋外電気設備工事費』『外構工事費』『ガス工事費』『諸経費』などは、いくらかかるのかまったく分からない状態なわけ。

これらの金額が未確定な状態のままで建築のプランに移ったとしても、最終的な費用がいくらになるのか気が気ではない。
また、住宅ローンを組む人も多くいるわけで、総予算というものを少しでも早く提示して毎月の返済プランなどを的確に知らせる必要が住宅メーカーにはある。
ところが、複数の住宅メーカーで競い合っている内は、あまりどこのメーカーも正式な金額を出したがらない。
その理由は、相見積で価格のたたき合いになる可能性があることと、高い金額を提示したことによってお客さんが他のメーカーで決めてしまう可能性がある、と言った弱腰営業が原因。

こんなことを言う業者もいる。

『当社より安い金額を提示してきた業者がおりましたら相談ください。かならずそれより下げさせていただきます!』

家電量販店と何ら変わらない。
賢い人ならこのようなコメントにはだまされない。
はじめから高めの金額で提示して、安い業者との折衝がなければそのままの金額で押し通そうとする姑息な手段が見え見え。
まさに弱腰営業の典型。

と言うわけで、建築にかかる資金計画はきちんと出してくれる住宅メーカーを選びましょう。
敷地調査や建物プランが決まらなければ、住宅の金額は正確には出せるわけも無く、したがって、早い段階で敷地調査・間取りなどの話を進めてくる業者のほうが、最終的には正確な金額も早い段階で出してもらうことができると言うこと。
弱腰営業の口癖のように、いつまでも「安い」とか「別途・別途」と言い訳じみた業者に引っ張られる必要はないということ。

スポンサードリンク