こんな住宅メーカーは要注意!

住宅メーカー元営業マンが欠陥住宅防衛策を事例ごとに解説

シャーププラズマクラスター扇風機[PJ-N3DG]のレビュー

シャーププラズマクラスター扇風機[PJ-N3DG]のレビュー

扇風機という家電は、思った以上に長持ちする。
2008年頃に購入した東芝の扇風機は、13年経った今までなんの問題もなく風を送り続けてくれていた。
いつも疑うことなく風を送ってくれると思っているので、感謝することもなくスイッチを入れる。
そしてその瞬間、扇風機のありがたみを痛感することになった。
なにをやっても羽根が回ることなく、本体から焦げ臭い匂いが漂う。

13年間、本当にお疲れさまでした。
心より感謝します。合掌。

なんてやってる場合ではなく、この夏に扇風機がないというのは地獄に落ちろと言われているのと同じ。
あわてて扇風機を探すことにした。

扇風機といえば、DCモータ搭載の高級扇風機「バルミューダThe Green Fan」を外すことはできない。
近所にあるビックカメラに実機を見るために自転車を走らせた。
扇風機売り場の一番前面に展示してあって、よっぽど良い扇風機なんだろうな、と感心しながら舐めるようにThe Green Fanを試してみた。

実機を見た際の感想は、

  • 「風が違うとかみんな言うけど店では全然わからなかった」
  • 「ポールがグラグラしていて不安定」
  • 「一番高くしても870mmって低くない?」
  • 「デザインがオシャレと言われているけど、特にそうは感じない」
  • 「温度センサーとかついてないみたい」
  • 「首振り時にカタッカタッと音がする(展示品だからかも)」
  • 「作りが安っぽく見える」
  • 「倒れたらすぐ壊れちゃいそう」
  • 「え?これで39,600円?」

店員に尋ねると、
「在庫ありません。入荷未定です。」
これは話にならない。
候補からはすんなり外れることになった。

その他いろいろ見てみたところ、今回購入することになったシャーププラズマクラスター扇風機[PJ-N3DG]に出会った。
実機を見ただけで、特に仕様を調べることなく、今年発売された在庫がある機種ということで、ある意味衝動買い。
ということでシャーププラズマクラスター扇風機[PJ-N3DG]のレビュー。

気に入っているところ

⭕ 高さが845〜1,110mm

あとから知ったが、一般的な扇風機は高さが870mm程度らしい。
リビングルーム用扇風機というのが、高さ1,100mmくらいあるとのこと。
我が家は椅子での生活なので、どうしても高さのある扇風機が必要。
それでも低くてさらに300mmほどの台の上に載せて使用することもあるくらい。

⭕ 風量が多い

トリプル・ネイチャーウイングという立体的な7枚の羽根で風量はとても多い。
風量調整が33段階あり、最大にするとかなり遠いところからでも風を感じることができるので、結構広い部屋でもこの扇風機1台で足りるかも。

⭕ 微風はかなり静か

風量調整を最も小さくすると、ほとんど音がしない。
なのにしっかりとした優しい風が届く。
就寝時の扇風機騒音に悩まされることはなくなりそう。

⭕ 首振り角度

50度、70度、90度の3段階。
就寝時は50度で、部屋の空気をかき回す時は90度で、といった感じに使える。
これはどの扇風機にもついている機能だと思うが、これはありがたい。

⭕ センサー機能

室温を感知して風量が自動で調整される機能。
いちいち風量を手動で変えなくても勝手に変えてくれるのでとてもありがたい。

よくわからないところ

❓ プラズマクラスター

衣類消臭機能を使用することで部屋干しの嫌な匂いが消える。
らしいけど、まだその実感はない。

気に入らないところ

❌ 風量を強くすると風切り音が大きい

33段階ある風量調整のうち8以上にすると、ブオ〜っという風切り音はかなり大きい。
室温が28度程度でセンサー運転している時は、8よりも下になることがないため結構大きな音がする。
DCモーターが静かであっても、この羽根の形状がもたらす風切り音で、静かさはまるでない。

❌ リモコン受光機の位置

リモコンの赤外線を受光する部分が扇風機下の台座前面にあるが、この位置は使い勝手が良くない。
扇風機の前にソファーやベッドなどがあると台座が完全に塞がれてしまうため、全く反応しなくなる。
この扇風機は近くで使うよりも離れていたほうが効果が高い。
離れていればその間にモノがあることは珍しくない。
なので、リモコンの受光部は台座ではなくバルミューダThe Green Fanのようにポールに配置してほしい。

❌ 電源コードの取り回し

コンセントから近いところに置くと、長さが1.8mある電源コードの取り回しが美しくない。
掃除機みたいな巻取り式とかにできないのだろうか?

❌ 首振りがすぐに止められない

リモコンで首振りを操作できるのだが、その操作方法がボタンを押すたびに「止→50→70→90→止」と変わるため、首振り角度50度で使用していると、それを止めるのに3回ボタンを押す必要がある。
ただでさえリモコン受光機の位置が低すぎて反応しにくいので、止めたい位置でうまく止められない。
慣れればどうってことないのだろうけど。

❌ タッチ式コントロールパネル(本体側)

最近はみなタッチ式の操作パネルになっているのかもしれないが、拭き掃除するたびに反応してしまう。
なので、掃除のたびにコンセントから抜いて行っている。
タッチではなく少し押し込むタイプのボタンのほうが使い勝手は良いと感じた。

総合評価

デザイン:★★★☆☆

バルミューダThe Green Fanがオシャレなデザインと言うなら、このPJ-N3DGもオシャレだと思う。
ダイソンのような羽根なしタイプならともかく、一般的な扇風機のデザインは変えようがない。

使いやすさ:★★★★☆

機能が豊富なのはうれしいが、わからない機能が結構あって取扱説明書は必携。
リモコンは使いやすい。

風量:★★★★★

トリプルネイチャーウイングはとても良い。風量に不満はまったくない。

静音性:★★☆☆☆

DCモーターは静かなのだが、日中に使用する風量レベルだと、風切り音はかなり大きい。

微風:★★★★★

この扇風機は微風の仕上がりがものすごく良くて、風量・静かさともにハイレベル。

総合:★★★★☆

2万円を超える高級扇風機と考えれば機能面では「標準」レベル。
我が家の室内環境だとリモコン受光部の位置やコードの取り回しがちょっと残念。
バルミューダThe Green Fanと比較すると、重さがあるため安定感がありしっかり作られている感じがする。
夏には欠かせない扇風機。
長く使いたい。

関連する要注意情報