こんな住宅メーカーは要注意!

欠陥住宅を徹底的になくしてしまいましょう!

ラベイユのはちみつ

はちみつの種類ってたくさんあることを最近教えられた。というかそれ自体、今まで興味すらなかった。

いつも伺うお得意様先で出していただくはちみつ紅茶がとても美味しく、ついにそのお得意様からクリスマスプレゼントに「ラベイユ」のはちみつをいただいた。

ラベイユのハチミツ

この『ラベイユ』というはちみつ専門店、世界各国のはちみつが勢ぞろいしている。

いただいたのはフランスのリンデン(菩提樹)。
菩提樹の花から採取したはちみつ。
早速紅茶に入れていただいた。
く〜…おいしいっ!
美味しくて、甘さが上品!
これは紅茶が進む進む。
目を使う仕事をしているので、どうしても午後になると甘いモノが欲しくなる。
そんな時にこのはちみつ紅茶は至高の飲み物。

しかし甘くて美味しいとなると、気になるのはカロリー。
そこで早速調べてみたところ、100gにつき砂糖は384kcalに対し、はちみつは294kcalとのこと。
はちみつの甘味は砂糖の約2倍もあるのに対し、カロリーは砂糖より約3割弱低い。
同じ甘さを求めるのなら、はちみつは砂糖のカロリーの38%で済むというわけだ。
さらに、はちみつはブドウ糖と果糖という2種類の単糖類でできているためこれ以上分解の必要がない糖分。
つまり、砂糖などの多糖類に比べ、効率よく体内にエネルギーとして吸収されるらしい。
砂糖などの多糖類は消化吸収に時間がかかるので、その間に脂肪として体内に蓄えられやすくなり太る、ということらしい。

う〜ん、これならたくさん摂取しても大丈夫!
甘いもの大好きだし、たくさん取っても太らないし、言うことないじゃん〜(^O^)v
おっと、いかんいかん。
これじゃぁ、家の電球をLEDにしたからいつも付けっぱなしでもいいじゃん〜、っていうエコスパイラルに陥ってしまうのとおんなじだ。
いただく量はいつもと同じにしないと意味が無い。

ところで、はちみつってそれぞれの花ごとに採取できるのかと改めて感じた次第。
みつばちにも花の好みがあるのかしら?
「ラベイユ」には、たくさんの単独の花のはちみつが揃っているけど、どうやって養蜂しているのかな?
一度養蜂所を見学してみたい。

スポンサードリンク