Microsoft Outlookで添付ファイルつきメールを送信すると「winmail.dat」になることがある

Microsoft Outlook

先日「winmail.dat」という添付ファイル付きメールが届いた。

う〜ん、この「winmail.dat」が開かない。

そこで、送信者に聞いてみたところ、添付したのはJPGファイルとのこと。

早速このwinmail.datとやらを調査してみる。

その結果、どうやらMicrosoft Outlookで送信すると、いくつかの条件が重なった時に添付ファイルが「winmail.dat」となって、このような添付形式になってしまうらしい。
ただ、受信する側のメールクライアントがMicrosoft Outlookであれば、添付ファイルがwinmail.datにはならず、普通に開くことができるらしい。

残念ながらこちらのメールクライアントはMicrosoft Outlookではなく、Apple標準のMailアプリなのでそうなってしまうようだ。

でMacで開くためには、以下のウェブサイトが便利。
ウェブ上で完結でき、インストール不要。

winmail.dat変換ツール

それにしてもMicrosoft Outlookっていったい・・・。

ビジネスでMicrosoft Outlookを使われている方は注意が必要。
相手がいつもMicrosoftの製品を使っているとは限りませんから。

ちなみに、Windows専用のメールクライアント「Becky! Internet Mail」でも、この「winmail.dat」添付ファイルを開くことはできませんでした。

Written by 蔵太心

前管理人【蔵太心】が投稿した記事です。
2019年5月をもって幕を閉じたため、コメントや質問はご遠慮ください。

蔵太心のプロフィールは以下よりご覧ください。

蔵太心
蔵太心