訪問電話

スポンサーリンク
訪問電話

家を買うなら売りっぱなしの人より面倒見の良い人から購入したい

建物が完成し家族が住むようになってから、少なくとも10年は建てた住宅メーカーが面倒を見なければならないことになっています。 もちろんそれが保証と言うことになるわけですが、優秀な営業マンだったりすると、定期的に建築していただいたお客様のところに顔出ししています。
訪問電話

アフターサービスとクレームについて原因除去と是正処置は適正か

建築業界は消費者センターなどへの苦情報告や照会、問い合わせの多い、人呼んで『クレーム産業』。ここで言う『アフターサービス』とはクレームのことをさしてはいませんが、住宅メーカーによってはクレームもアフターサービスも同じように取り扱っているところもあります。
訪問電話

よくわかってない電話応対スタッフといつも叱ってばかりの上司

すいません。建物の資料を請求したいんですけど、おたくでは建物代金以外にかかるモノってどんなモノがあるんですか?資料のご請求ありがとうございます。早速ご送付させていただきます。ご質問の件ですが、今営業担当が外出しているため詳しくは分かりかねるのですが。
地域ビルダー

メールフォームに電話はお断りと伝えたのに平気で電話をしてくる

GoogleやYahoo!などの検索サイトで『住宅メーカー』『ハウスメーカー』と検索すると日本の大手住宅メーカーなどたくさんのウェブページを探し当てることができます。 これらメーカーのウェブページを参考に家づくりを検討される方がほとんどではないでしょうか。
訪問電話

電話営業するなら電話をかける時間帯を考慮するのは当然のこと

展示場やショールームに行って正直にアンケートに答えれば、必ずと言っていいほど電話がかかってきます。 ですから、住宅公園タイプの展示場に行けば、回った件数だけ電話が来ます。
訪問電話

ウェブで資料請求したら営業が資料を持ってやってきたので驚いた

住宅メーカーのウェブサイトを見ると、必ず「資料請求」ページがありますね。 わざわざ住宅展示場に行かずとも、興味あるメーカーの建物資料が手に入るのでとても便利。 住宅雑誌の最終ページあたりにも資料請求ハガキがあって、こちらは一度にたくさんのメーカーの資料が一括で請求できたりする。
訪問電話

特典やキャンペーンなどはいつもやっているので惑わされないこと

住宅公園タイプの展示場に来場したお客様が、たった一つの住宅メーカーにしか足を運ばないと言うことはあまりないと思います。 必ず数カ所の展示場を見てパンフレットをいただき、様々な営業マンと話をし、その住宅メーカーの印象を記憶にとどめて、帰路につくわけです。
訪問電話

営業担当者の「おまかせください!」には惑わされないようにして

これから住宅を建築するためには、住宅展示場に行って営業担当者と話をして、その住宅メーカーがどんな点に魅力があるのかを判断しながら家づくりを行っていくのが、普通の家の建て方。 あるいは親戚や知人に大工さんや工務店をやっている人でもいれば、そこにお願いすると言う手もありますが、アフターメンテナンスなど後々のことを考えると、あまり親類や知り合い関係に家づくりをお願いすることはお勧めできませんが…。
訪問電話

質問には答えないでモデルハウスに来場して欲しいとしつこく誘う

ホームページやメール、ハガキで資料請求するのは、いちいち個人情報を入力したり書いたりして何かと面倒。 電話でチャチャッと用件だけ伝え、必要な資料を送ってもらった方が手っ取り早い。 確かにその通り。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました